トップ > 塾長日記一覧 > マインドセット~心の教育~ > 「自信を持つ」のと「自意識過剰」は紙一重、コインの表裏の関係です。

「自信を持つ」のと「自意識過剰」は紙一重、コインの表裏の関係です。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

夏期講習が終わり、進研Vもぎや千葉県統一テストの結果も出てきました。

毎年のことですが、成績の上がる塾生も多い中で、残念ながら、夏休み前よりも成績が暴落する塾生もそれなりに出ます。

「夏期講習やれば、できるようになると思ってた」
確かにそうです。ですが、そこに“できるようになってやる”という気概はあったのでしょうか。親にお金出してもらって、言われた通りに勉強していれば、必ずできるようになる…。そんなわわけありません。

「夏前の模試が良かったから、夏期講習でダラけてしまった…」
ダラけさせないように私が言うのは簡単ですが、これはお子さん自身で気づかなければ意味がありません。成績の良い者、強い者ほど、絶対に手を抜かない。どんな状況でも最善を尽くす。

自分はできると自意識過剰に酔って、勉強をしている気になっているお子さんほど、今回は暴落しています。

自信を持つことは大切です。
絶対に必要なことです。

ですが一歩間違えれば、自意識過剰となり、油断が生まれます。
その結果、集中力も低下し、勉強の密度もどんどん薄くなってしまいます。

コインの表と裏の関係みたいですが、意味合いは大きく違ってきます。
なので、常日頃から何事にも全力で取り組ませなければいけないのでしょうね。

今回痛い目に遭った塾生たちが、自らの失敗を認めて、次から奮起してくれることを、私は楽しみにしています。

成功体験は大切ですが、失敗して学ぶことの方が何よりも貴重なことですから。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

 

 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ