トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > なぜクリエイターは仕事を「タダでやって」と頼まれるのか?…は、ウチみたいな塾とて同じこと。

なぜクリエイターは仕事を「タダでやって」と頼まれるのか?…は、ウチみたいな塾とて同じこと。

////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
///////////////////////////////////////////////////////////////

今日も気になるニュースを発見してしまったので、ここでご紹介します。
それにしても、どこも似たようなことになっているもんですね。

サービス業というか、サービスが形にならない、目に見えないモノだと余計にそうなるんだろうなと思ってはいましたが、事態は深刻なようです。

———————-

なぜクリエイターは仕事を「タダでやって」と頼まれるのか?

「友達だしタダでやって」「申し訳ないけど、今回お金は出せないんです」色々言い方はあるけれど、ほとんどのクリエイターはタダが前提の仕事依頼をされたことがあると思う。バンドマンである私(中澤)も心当たりがないわけではない。
それは、『残酷な天使のテーゼ』の作詞家で知られる及川眠子さんのような大物でも例外ではない様子。タダ前提の仕事依頼についてTwitterに苦言を投稿している。なぜクリエイターは仕事を「タダでやって」と頼まれるのか?

・及川眠子さんが苦言

Twitterで声をあげているクリエイターも多いこの問題。まずは、タダ前提の仕事依頼についての及川さんのツイートをご紹介したい。
──このツイートについて、「あー…今日嘆いてたことですそれ…」「わかります。ちゃちゃっと描いてお金になるって、いーよね、と言われたこと沢山あります」などクリエイターから実感のこもった声が上がっている。

・お金にこだわらないケース
続くツイートではお金にこだわらないケースも紹介している及川さん。その一例として挙がっているのが「結婚式」や「心底面白いと思える仕事」。
逆に、「意地になって書かん」というのが「一度二度一緒にごはん食べたりしたら「友達」になって、妙な馴れ合いの中で「タダで書いて」と言われる」パターンなのだとか。
この一連のツイートで私が非常に共感するのは、この「一度二度一緒にごはん食べたりしたら「友達」になって、妙な馴れ合いの中で「タダで書いて」と言われる」という部分。

・タダ前提の仕事依頼には2つの種類がある

ここからは完全に私の経験則になるが、タダ前提の仕事依頼には2つの種類がある。それは、自分も助けられている人からのお願いと、ちょっと顔見知りの他人からのお願いだ。
私の場合、前者は普通に引き受ける。対価をお金以外の形でもらっているからだ。というか、前者の場合「タダで」と相手がわざわざ言うのも野暮に感じるような関係である。大体「タダで……」とわざわざ言ってくるのは後者のパターンなのだ。
しかも、私のように売れないミュージシャンの場合、後者のパターンではどちらかと言うと「やりたいんでしょ? 仕事をやらせてあげる」という態度の場合もある。ではここで自分の職業で考えてみてくれ。「仕事をタダでやらせてやるよ」と言ってくる他人にかかわりたいだろうか? 私ならかかわりたくない。
クリエイト作品は、確かに1つ1つは原価がかかっていないように見えるかもしれない。だが、原価と言うなら、そこにたどり着くまでの積み上げた研鑽やかけた時間も含めて値段をつけるべきである。
さて、それでもあなたは、どこかで1度話しただけのクリエイターに「タダでやって」と頼みますか?

————————

これまで何度もブログに書いてきたんですが、適切なサービスを提供するために適正な価格を決めて経営してきているわけですが、あれもこれもと求められる親御さんがいらっしゃったのも事実です。

塾の商品は授業ですが、目に見える「形」というものは存在しません。それは当塾の強みでもある「心を書き換えるマインドセット」も同じことです。

見えないが故に、そんなものは授業とセットでくっつけて当たり前という発想で面談にお越しになられたご家庭もありましたが、それは違うと申し上げた上で、もし無料無料でたくさんのモノを塾に求めるなら、ぜひ他の塾でその価値を享受したらいかがですか?とお答えするしかありません。

そもそも、「タダ」=「0円」=「価値のないもの」です。それをタダでやってくれと言いつつ質を求めにかかる…それは、サービスを受ける客側の視点としても間違っていると私は思います。

ですので、ウチの塾はおかげさまで最近はそういった入塾面談を希望される親御さんがいないのは、ありがたいことです。無料体験授業などやる気もありませんが、入塾希望のお問い合わせをたくさん頂戴し、ありがたい限りです。

その分、価格に見合った適正なサービスを提供できるように、内部構築をしっかりして、提供するスタッフたちの意識も高めた上で、お預かりするお子さんたちの「心」を書き換えられるよう善処していきたいと思います。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ