トップ > 塾長日記一覧 > その他 > ことを決める上で大切だと思うこと。

ことを決める上で大切だと思うこと。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

こんにちは、アシスタントスタッフの細野です!今回も前回の続きからです。

 

高校生活、コツコツと色々頑張ってきました。

そして高校3年生になって、本格的に大学受験について考えるようになります。

 

 

春の時点ではまだ明確に志望校は決まっていませんでしたね。高1の時の志望校は、英検が取れなかったこともあり、選択肢からはなくなっていました。

 

 

なので、また考え直したりしていました。

 

 

春にまだ決まってないのはいいと思いますが、私はそれを秋くらいまで持ち越してしまって、さすがに焦っていました。

 

 

その間にはこのアクラスの講師の方に相談にのってもらったり、塾長も親身になって私の話を聞いてくれてたくさんのアドバイスもしてくださいました。

 

 

学校の先生とか以外にも、進路相談できるところがあるのはとても良いなと思ってました。塾通っててよかった!

 

 

そして私の大学受験本格的に始まったのは秋からで、ギリギリでしたが第一志望も決めました。

 

 

第一志望を決めるのはいいですが、塾長から、もしも第一志望がダメだったら?と、その先のこと、最悪の事態のこともよく考えろと厳しく言われました。

 

 

そんなことを考えるのは嫌でしたが、決めた第一志望は失敗する可能性が高く、失敗したら結構なリスクを背負わなきゃいけなくて、そんなことを考えるとやっぱりやめようかなとか思いましたが、その上で挑むことを再び決心しました。

 

 

色々なことを想定して考えるのは大切です、人生何が起こるかわからないですからね。笑

 

 

最悪の事態を考えると、そうならないようにしなきゃ!と勉強にも力を入れることができましたし!

 

 

そうして本格的に受験の準備が始まります…

 

 

今回はこの辺で!

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ