トップ > 塾長日記一覧 > イベントのご案内 > これから大切なのは地位や名誉よりも「品」であると考えられる子は、精神的な充足度や経済力の差となって大きな差をつける生き方ができます。

これから大切なのは地位や名誉よりも「品」であると考えられる子は、精神的な充足度や経済力の差となって大きな差をつける生き方ができます。


塾生の親御さんとの懇談期間が思ったより長引いていますが、そのおかげか、じっくり親御さんと腹を据えてお子さんのための話をすることができています。皆さん、真剣に色々と聞いてきて下さることに、お子さんへの愛情を感じます。

とはいえ、

お子さんに不用意な干渉をする親御さん、
お子さん自身が考えて行動しなければならないのに先に先手を打とうとする親御さん、
お子さんが頑張って現状打破しようとしているのにそれを認めない親御さん、
結果がすぐに出ないから苛立っている親御さん

などなど…。
親御さん自身が変化や立ち位置を変えるべきケースも何件もあったため、そこは丁重にアドバイスさせてもらいました。

いつもいつも申し上げていますが、親が変われば子どもは必ず変わります。

それを、お金払ってるんだから子どもが変わるのが当たり前でしょ!!!という親御さんは、申し訳ないですが、単なる「傲慢」だと思います。

成績も学力も一定以上のお子さんの親御さんは、ほとんどお子さんには干渉していません。上位校に進学した子で親から「勉強しろ!」なんて言われた子は皆無です。そういった事例も踏まえて、思春期のお子さんとの接し方に悩む親御さんの力になれればと思います。

昨日は、塾生対象の特別講座「品の上げる人があっていることとは?」という内容でプレミアム・マインドセットを開講しました。塾生なのに有料、しかも忙しい師走の土曜開講ということで参加したくてもできなかった子もたくさんいた中で、頑張った出てきた塾生たちに価値のある思考を提供しようと私も頑張らせてもらいました。

小5生もいれば、公立中高一貫校の受験を終えてかけつけた小6生、高校受験目前の中3生も、高校生もメンツは色々でした。

これから大切なのは、地位や名誉よりも「品」であると私は考えます。
では、どんな人が「品」のあがる人なのか?そもそも「品をあげる人」は、どんなことをやっているのか?

小学生・中学生・高校生くらいで、こういったことを考える子は皆無です。

そんな狭いコミュニティーの中で、

人間の美徳とは何か?
他人から必要とされる生き方とは何か?
賢く生きるためには何が必要なのか?

を考えて行動できる子は、同級生や同世代のお子さんよりも一段上の目線で物事や本質を見れるようになります。それがいずれ精神的な充足度や経済力の差となって現れるんです。

来週も続きます。全2部構成なので。

次回は「自分をゆるせば品があがる(「ゆるせない」という感情が人を下品にする/すぐ怒るのは自分がゆるせないから)を扱いますが、かなり濃い内容になるでしょうね。

一般の方の募集はしていませんが、もしマインドセットの現場をウチの子にも見学させてみたいという親御さんがいらしたら、問い合わせフォームよりご一報下さい。

特別に、ワンコイン500円で参加を受け付けます(笑)。
ワンコイン以上の価値をご提供できると思います。対象は小学生~高校生までです。

————-
冬期講習のお問い合わせ、「最新・更新」ページにアップしたときは大して反応がなかったのですが、後期中間テストが終わった今になって問い合わせだらけになっており、なかなか折り返しの連絡ができなくてご迷惑をおかけしております。もう少々お待ち下さい。

>“自己管理” から結果に直結させる冬期講習はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ