トップ > 塾長日記一覧 > AQURASという塾の在り方 > 逃げて逃げて、逃げ切ったその先に。

逃げて逃げて、逃げ切ったその先に。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ウチの塾だけなのかどうかは分かりませんが、この時期は不思議なことに、自分自身に甘く弱い子のご家庭からの問い合わせが多いですね。

 

 

お話を聞かせてもらい、お子さんの「心」の状況を見極め、改善可能かどうかの策を伝えさせてもらっています。

 

 

こういたお子さんに共通しているのは、基本的に「誰かのせい」であり、「他力本願」であるということでしょうか。

 

 

自分でどうにかしようとせず、常に周りのせい。そして、最後は「自分は不幸なんだ」と暗示をかけにかかる。そんなに悲劇のヒロインになりたいようで…。自己責任という言葉から最も遠いところにいる方々ですね。

 

 

人間なんて弱いもので、すぐに悪い方向に流されてしまう。

その反面、本人のちょっとの「気づき」や「きっかけ」で、一気に流れを良くすることもできる。

 

 

これまで勉強から逃げてきた子どもたちは、現実と向き合わず、いつも違う道を探って逃避しようとする傾向があるけど、そのツケは先に行くほど大きくなって、最後は結局「後悔」だけが残っていく。

 

 

日々、現実と向き合うチカラを養うことこそ、子どもが自立して「強く」育っていくための前提条件だと私は思います。

 

 

なのでウチの塾は、勉強を通じて人を育てるという方向性をきっちり果たしていきます。

 

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ