トップ > 塾長日記一覧 > AQURASという塾の在り方 > 「AQURASの先生方は優しいよ、少なくともオレ除いてね」

「AQURASの先生方は優しいよ、少なくともオレ除いてね」

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

今日は、出張で静岡に来ています。

3日ぶりのブログ更新、継続するって本当に大変だとまたも痛感。。。

 

 

休みの日ぐらいゆっくりしたいものですが、色々と対外的にしなきゃいけないことも多く、なかなか温泉でゆっくり過ごすことすら許されません(笑)

 

 

さてと、一昨日は新規の入塾予約面談があったのですが、またも入塾希望のお子さんといっしょに同席していた妹さんに大泣きされてしまいました。

 

 

本人の考え方の甘さと覚悟のなさを鋭く指摘し、これでもかというぐらい完膚なきまで面談で叩きのめしたので、張本人や親御さんにも響いた半面、連れのゲストが大泣きとは…。ほんと、私も罪深い男です、はい。

 

 

同席した親御さんからは「親の私が言いたいことを、先生が全部言ってくれました!本当に助かりました!」と上々の反応でいたので、とりあえず私が反社会的なことを発言したというのはなさそうです(笑)

 

 

今まで入塾面談で大泣きしてきた子はもはや数えきれない程の人数になっており、“村上塾長の圧迫面談”がAQURAS入塾における最大の関門としてブランド化されてきたと、懇意にしている親御さんから指摘され、私も言い返せず…。

 

 

別に、泣かせたくて泣かせているわけではありません。

本人が嫌いなわけでもなければ、嫌がらせをしたいわけでもない。

 

 

入塾面談で子どもや親をヨイショして綺麗事ばかりしか話さない塾屋が大多数のこの世の中で、少なくとも私は、綺麗事抜きで現実を直視させて、真剣に改善させるための「心」の指導をすでに面談で始めているわけです。

 

 

それが、形式だけの面談で終わることなく、子ども本人や親御さんにとっても、意味のある時間の使い方だと、私は思っていますから。

 

 

怖くて泣きだすということは、そこまでの展開を予測することなく、浮ついた気分で面談に臨んできたということ。そこまでの局面に陥ったことがないから、予測を遥かに超えた困難にぶつかったときに耐え切れず泣き出してしまう。

 

 

その浮ついた薄っぺらい「心」の持ち方を、ぜひ私のもとで徹底的に鍛えて、どこに出ても恥ずかしくない立派な立ち振る舞いができるクールな若者になって下さいね。

 

 

だから、必ず面談の最後に、本人には必ず一言付け加えて締めます。

 

 

「AQURASの先生方はみんな優しいよ。少なくともオレ除いてね」

 

 

みんながみんな優しい人では、人間ダメになってしまいます。

そのことを、この妹さんもいつか気づけるといいなと思います。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ