自己決定できない環境で育つと環境に文句ばかり言うようになる…成績も連動していますよ。。。

冬期講座生は講座後の入塾確認面談をご両親及びお子さん含めて行うわけですが、ありがたいことに「教室が静かでみんな集中して勉強しているという話を子どもから聞いています」というお言葉を頂戴する度に、しっかり学習環境を創ってこられたことに安堵する反面、今後も継続していかなければと改めて思いつつ。。。

偏差値=人間性はある程度一致しており、オトナもそうかもしれませんが、子どもの学力と意識・行動は大体似通っているため、良くも悪くも反面教師になるところもあります。

ちょうどそんなことを思っているときに、教育業界ではかなり有名な方ですが、千代田区立麹町中学校校長を務め、現在は横浜創英中学・高校の校長をされている工藤 勇一先生が、SNSで面白いことを発言されていらっしゃいました。

与えられることに慣れた子どもたちは、自らが当事者であることを忘れ、勉強がわからなければ先生の教え方がわるいと言い、クラスがうまくいかなければ担任が外れだと言うようになっていく

「そうならないようにするためには、子どもたちが自己決定できる仕組みづくりと自己決定できる支援をすることです」

自己決定できない環境で育つと環境に文句ばかり言うようになる。もし、自己決定できる環境づくりを行うことで、学校が荒れることを心配するのなら「君には勉強しない自由があるが、他人の勉強を邪魔する自由はない」ことを生徒たちにしっかりと伝えることだ」

ウチの塾でも過去に類似の案件がたくさんあったなぁと。
やってもらって当たり前の塾生ほど、成績下位層に集中していましたね。

成績上位層というのは、多少の不自由や不具合があっても、その状況下でどうすればうまく事を運べるのかを試行錯誤し、成功・失敗に関わらず自分で行動を起こします。で、しっかり反省を含めたフィードバックも。

逆に、成績が真ん中から下位になればなるほど、勘違いお坊ちゃまお嬢ちゃまがどんどん増えてくる。それと、指示待ち族ということも共通してるかな。

与えられて当たり前だから、与えてくれる側の想いや気持ちを汲み取ることもない
何といっても、権利意識だけは人一倍の子も、この成績帯に集中していますし。。。

世の中全体の学力が低下してくれば、このような権利意識丸出しで増長してくる人材が大部分の社会になってくるかと思うと、個人的にはゾッとしてきますけどね。。。

ウチの塾だと、与えられて当たり前だと勘違いしてる者に対しては、村上から罵声を浴びせられるぐらい叱責されますね。現状に不満しか言わない、周囲への文句ばかり、だからテメーはその程度のくるくるぱーなクソ野郎なんだろうがっ!と村上から潰されて撃沈した者も相当数いた覚えはありますね(苦笑)。

親に感謝しろ!と義務みたいに言うつもりはないけれど、自分が用意されている場所は、親からのプレゼントであり、そこにいること自体が恵まれていることであると子ども自身が自覚する義務があります

無いものは創り出さなければならない。無いものはないのだから、人間の英知を結集させて生み出さなければならない。病魔ひとつをとってもそう。未だに治らない不治の病に対して「治せない医者が悪い」「治療法が確立されてない現代医学が悪い」「薬もつくれない製薬会社が悪い」とでも言うつもりなんですかね?

与えられた環境下の中で、精一杯生きていかなければならない。答えが出ない問題にも、生きている限りいずれは立ち向かっていかなければならない。そして、新しい発見や価値を創造していくことで、文明そのものが進化・発展のイノベーションが築かれていく。

少なくとも、用意されなきゃ何もできない、お膳立てがあって当たり前という思考の時点で、上位で戦える学力もなければ知恵も働かないのは明白です。

工藤先生の学校教育のプロとしての「そうならないようにするためには、子どもたちが自己決定できる仕組みづくりと自己決定できる支援をすることです」という矜持は、私としても敬服するしかできないほど、素晴らしい哲学だと感じる次第です。

私のような学校教育ではない私教育に従事する者としては、できることにやはり限りがあります。

だからこそ、塾生やスタッフみんなが気持ちよく過ごせる空間を創ること、緊張感のある集中できる学習環境をキープさせること、そして、塾生ひとりひとりが知識習得だけでなく知恵を出して創意工夫で問題解決をできるような「意図的に不自由・不親切な」指導方針であることをきっちり貫いていこうと思いますね。

—————

『お子さんを偏差値60以上に押し上げるための中学英数先取り講座』のご案内(現.小6生 対象)も特設サイトにアップしております。

詳細はこちらをクリック↓

—————

当塾は、学び放題のプレミアムコースでお子さんに学習習慣を身につけさせるため、塾生ひとりひとりにいつでも使える専用席を設けているため、そんなに簡単に空きが出ません。

満席になりましたら、いつも入塾をお断りさせてもらっております
その際は入塾予約を受け付けることになりますので、入塾をご検討のご家庭はお急ぎ下さい。

—————

塾長:村上からの子育てコラムやAQURASのお得な情報をいち早く欲しい親御さんは、LINEの友だち登録をお薦めします↑H.Pでご案内することはない、LINE友だちだけの特典あります☆彡

—————

お子さんの学業に関すること、受験に関すること、相談を受け付けるコーナーを設置しました。QRコードよりLINEチャットに入室、お子さんの学年を入力して質問を書き込んでもらえれば、時間のあるときに回答させてもらいます。対象は公立中に進学予定の小学生の親御さんと、中学1~2年生の親御さんまでとさせて下さい。

 

〇学力再生工房AQURASのホームページは【こちら】
西船橋工房(JR西船橋駅北口より徒歩4分)
稲毛駅前工房(JR稲毛駅東口より徒歩3分)

〇自分史上最高の自分を創る学習塾PRECIOUSのホームページは【こちら】
(市川市二俣1丁目/京葉道路 原木I.C近く/産業道路沿い)

※入塾のご相談やお問い合わせは、当塾ホームページ下段のお問い合わせフォームより
TEL:047-401-2396(月曜~金曜 18:00~21:00)

AQURAS & PRECIOUS のTwitterは【こちら】
AQURAS & PRECIOUS のInstagramは【こちら】



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ