トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > 記述問題を空欄にする子の共通点。(再アップ)

記述問題を空欄にする子の共通点。(再アップ)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

宿題で記述問題を出したのに、空欄にしてくるバカ者がいます。

 

 

「何で空欄にしてきた?」と問い詰めると、

「分かりませんでした」と言い張る。

 

 

分かる、分からないなんて、正直、どうでもいい話です。

埋めてこないコト、そのことに私は呆れているのですが。

 

 

自分の学力のなさをどうにかしようと思ったら、まずは全部埋めなきゃダメです。

 

 

埋めてこない子には、共通点があります。

 

 

親が甘い。時間にルーズ。プリントなどをよく忘れる。

つまり、「しつけ」がなってない子…というコトでしょう。

 

 

書けないというのは “書く気がない” ということ。

所詮は、気持ちの問題です。

 

 

でも、しつこく粘り強く問題に取り組めば、そのうちどんな記述でも書けるようになっていきます。

めんどくさいと思わせないで、粘り強く取り組む子にすること。
でも、勉強しろしろと子どもにぶつけて、本人がやらされ感たっぷりになっては、意味がありません。

 

 

家庭内での子どもとの関わり方や、しつけが、学力を伸ばすのに大きく関係しているんです。

勉強だけできれば良い…という考えは、通用しません。

 

 

お父さんお母さんの、我が子へのスタンスの取り方、やっぱり重要だなと実感します。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ