トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > きらめく「神童」と、ニート化する「神童」の差。

きらめく「神童」と、ニート化する「神童」の差。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

マイナビスチューデントにこんな記事がありました。以下、原文ままです↓
——————————————–
大人になってどうなった? 地元の神童の行方「医学部を経て開業医」「京都大学卒業後ニートに」
テレビなどでもしばしば、ある分野で驚くほどの天才ぶりを発揮する子供、いわゆる「神童」と呼ばれるコって紹介されていますよね。でも実際に身近にいた人ってどれくらいいるのでしょうか? 今回はそんな神童について社会人のみなさんに聞いてみました。
■地元の学校に「神童」のように扱われていた子供っていましたか?
いた      40人(12.9%)
いなかった   270人(87.1%)
まずは神童的な子供が学校にいたかどうかを調べてみました。1割以上の人が「いた」と回答を寄せております。けっこう多いような気がしますが、みなさんの予想はどうでしたか?では、その「神童」がその後どうなったかについても聞いてみましたので、ご紹介しましょう。
■その神童はその後どうなりましたか?
●有名中学や大学へ進学
・灘中に進学した(男性/28歳/団体・公益法人・官公庁)
・東大に入ったところまでは知っている(女性/31歳/情報・IT)
・周りの予想(期待?)通り東大に進学した(男性/30歳/運輸・倉庫)
・地元トップの高校へ進み、学年トップのまま卒業ということまでは知っている(男性/21歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・京都大学へ進学して、今は大学院で研究をしている(女性/22歳/団体・公益法人・官公庁)
●大手企業で活躍
・大阪大学の大学院を卒業して、大手企業に入って活躍中(女性/28歳/学校・教育関連)
・県内有数の進学校を経て東北大医学部へ。その後病院勤務を経て開業医をしている(男性/50歳/団体・公益法人・官公庁)
・そのまま進学して公務員になり、県庁で働いているそう(男性/30歳/学校・教育関連)
・典型的な神童で、国立大、海外大学院を経て、一流金融マーケットで活躍中らしい(女性/35歳/金属・鉄鋼・化学)
・そのまま医学部に進み、お父様の医院を継いでいる(男性/40歳/学校・教育関連)
●途中で挫折してしまった
・カッコよく、ハンサムな神童だったかが、大学でノイローゼになりダメになってしまった(女性/50歳以上/商社・卸)
・医学部に落ちて、暗く犯罪しそうな風貌になり、ニート化しているらしい(女性/32歳/金融・証券)
・小中高学年TOPのまま京都大学へ進んだまでは良かったが、そのあと引きこもりになってしまった(女性/34歳/運輸・倉庫)
・有名中学に進学したが馴染めずに中退。引きこもりになり、その後プロボクサーを目指したが挫折し今はフリーター(女性/31歳/その他)
・東大に行き実家の薬屋を継いだが、商売が下手でその家は売りに出されてしまった(男性/47歳/電力・ガス・石油)
神童の中にも、年を取るにつれて挫折をしたり引きこもったりしてしまう人もいるのですね。残念な結果となってしまったエピソードも結構な数、寄せられています。
●その他
・自分が神童と呼ばれていた。高校も進学校に行ったが、その中では平凡な存在となり、普通に暮らしています(男性/50歳以上/電機)
・私のこと(笑)。頭が良いと思い過ぎてつまずいた。就活は必死にやって希望の業界に進んでいる(女性/23歳/団体・公益法人・官公庁)
・普通のサラリーマン(女性/46歳/医療・福祉)
いかがでしたか? 神童と呼ばれた人にもいろいろな人生が待っているようですね。あなたの周りにも実は「元神童」という人、結構いるかもしれませんよ。
———————————————————————
いかがでしたか?

今は高校受験どころか、中学受験やお受験をするご家庭が増えています。
もちろん、お子さんの輝かしい将来のために…と思っている親御さんも多いでしょう。

中には、神がかった頭脳や才能を持っているお子さんもいるでしょう。
そういう神童を持っている親御さんは、一見すると羨ましく思えたりもします。でも、それは親が勝手にそう見ているだけのこと。

神童は、神童なりに大変な努力をしているし、闘っているんです(笑)

もちろん、苦労を苦労と思わない、苦労しているはずなのに好きで没頭するというスーパーキッズもいますけどね(笑)

少なくとも1つ言えるのは、神童が神童のまま生きていけるというのはないわけです。高収入な職業に就いた子も、受験勉強やプラチナ資格や仕事の勉強を続けているからこそ、それが得られたわけです。

逆に、おもしろいのか哀しいのか分かりませんが、挫折して「引きこもり」になっている子も少なからずいるという現実でしょうか。

理由は、簡単。
修羅場の経験値が圧倒的に少なく、打たれ弱いからです。

順調に自分の思い通りに事が進んでいた間は良かったかもしれませんが、いざ思い通りにいかなくなった瞬間から、自分の責任を棚に上げて周りのせいにし始めます。

要は、自分の力だけで困難を乗り越えたことがないからでしょう。
自分は持ち上げられて当たり前、なんでみんな自分の凄さを理解してくれないんだ…です。

大手進学塾時代に、早慶附属高に入れたのはさておき、そこから先は自意識過剰な勘違いエリートヅラをして、結局、ニート化してしまった男子を何人も見てきました。

親御さんの「勉強だけできる子」に育ててしまった悲劇(自業自得?)といったところかもしれません。

神童と呼ばれる素晴らしい能力を持った子も、もちろんそれ以外の子も全員、自らの幸せな生き方を求めて、毎日己の弱さと闘っているわけです。

みんなが幸せを手にするために必要なモノ。
私が何度も申し上げている通り、それは「強さ」だと確信しています。

精神的な強さができてくれば、あなたのお子さんも間違いなく幸せに生きていけます。

その「強さ」を得るための修行の延長線上に、「成績」や「学歴」があるわけです。

成績や受験結果の有無を求めるお子さんに育てるのではなく、強くたくましく生きていけるお子さんに育てるように、親であるあなた自身が心掛けて下さい。

結果は、必ずついてきますから。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ