トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > 「中学受験全部落ちた子が公立中に進むと、例外なくイジめられてますね」

「中学受験全部落ちた子が公立中に進むと、例外なくイジめられてますね」

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

昨日までスタッフを連れて大阪にいたので、色々な塾を視察させてもらって、新しい物事の捉え方を勉強させてもらえました。ありがたいことです。

その中で、大阪のとある地域の塾長より面白い話を聞けました。

「この地域では、中学受験が当たり前。中学受験をして私立に全部落ちた子が公立中学校に進むと、ほぼ例外なくイジめられていますね」

「だから、どんなにレベルが低い私立中学でも、他に合格した中学がなければ、必ず進学しますよ。そうしないと、中学校生活は確実に地獄が待ってますから」

とあっさり一言。
でも、私にとってはやはり衝撃でした。

都内でも中学受験は激しいし、実際に落ちて公立中に進んだ子もそれなりにいましたけど、ほぼ100%の確率で露骨にイジめにつながるのはさすがにないなーというのが所見です。確かに陰口叩かれたり、小さいレベルでのイジめは聞いたことはありますが…。

そう考えると、大阪のこの地域では、私立中学の受験を決断するというのは、大袈裟でも何でもなく、子ども自身にとっても、家族にとっても、ガチで “命懸け” のことなんでしょうね。

小学校の友人にも話したことないんですが、実は私も中学受験はしていて、2校ほど合格をもらいましたが結局蹴ってしまい、地元の徒歩2分の公立中に進学しました。なんかヤンキーが多かったような気が…?

中学受験の勉強は特にしてませんでしたが、せっかく合格したのになんで蹴ったの?と言われると「遠かったから(笑)」としか言えません。硬式野球のクラブチームにも入っていたので、練習も厳しく、遠い中学に通っている余裕もなかったですし…。

中学受験をするもしないも、子ども自身や本人の「幸せ」になるための決断であればそれでいいと思うし、私立中学に進学したからといって将来が約束されているわけじゃない。公立中学で絶対に勝てないなんてこともない。

あくまでも、人生の通過点でしかないのに。

それを学歴コンプレックス組がイジめみたいに叩くのは、ご自身の「心」の程度が低い証拠だし、そういった世界観でしか生きられないみみっちい世界の方なんでしょう。

本当にステキな方は、どんな生き方だろうがきちんと受け入れて、親身に話を聞いてくれるはずです。そして、多様な価値観を認めて、良き理解者になってくれるでしょう。

イジめることでしか存在感を示せないとは、大変残念ですね。
少なくとも、私はそんな子どもや親御さんと関わりたいとは思えませんが。

逆もありますね。勉強はできる子だけど、性格が貧しい子も。
プライドだけ高くて、自分が特別扱いされないと、すぐにキレてしまうというのもよく聞く話です。

あなたのお子さんが、どういった人間性で育っていくのか。
やはり、家庭内でのお子さんとの関係やしつけは、とてつもなく重要だと思います。

  >西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ