トップ > 塾長日記一覧 > マインドセット~心の教育~ > 採用面接で泣かれたのは、過去何回あったかな?もはや覚えてない…。

採用面接で泣かれたのは、過去何回あったかな?もはや覚えてない…。


ある程度スタッフ採用もメドがつきつつある最近ですが、何件か採用面接があります。今日は女性2人の面接予定だったのですが…。

片方の方がバックれ、もう片方の方が採用試験の作文中にいきなり泣き出して「こんなに難しいと思わず、この仕事に対する認識が甘かったです…申し訳ないですが辞退させて下さい」と面接もすることなく、作文も途中で放り投げてお帰りになられました。

バイトの採用面接のバックれは2019年に入って、ついに20件を超えました。一昔前では考えられませんが、大学生のモラル低下がひどすぎますね。学力や学歴さえあれば、周囲への気遣いや配慮などいらないと思っている常識のない者や人間的な器の小さい者が増えました。若者の人間性がどんどん劣化していきますね。

そして、採用試験の最中に泣き出されて撤収された方は…。
過去何人いたかな?いたことはいたけど、人数までは覚えてない…。

ウチは当たり前のことを当たり前にしてもらえれば、そんなにうるさく言う職場でもないですし、スタッフ全員からも働きやすいとお墨付きを頂戴している職場環境なので、ウチで仕事ができないということは、他の職場でもまず通用しないと思うのですが…。

それ以前に子どもの成長を相手に仕事をするわけですから、子どもたちに頼りになるオトナの背中を見せるべくする仕事を、腰かけ程度の業務だと思われも困るし、作文書けなかったくらいでショック受けて辞退するのであれば、子どもが落ち込んでいるときにしっかり受け止めるメンタルを維持することもできません。

なので、そういう点では、事前にお気づきになられただけ良かったのかもしれませんね。

誰にでも得手不得手もあるし、誰にでも良いところはあります。
ぜひ適職を見つけてほしいと願うばかりです。

私は私で、2ndブランドの小学生対象「デジタルそろばん&読解・論理エンジン」のハイブリッド塾であるPRECIOUSのWeb構築作業に追われて、夜中も寝れずにPC目の前に励んでおります(苦笑)。

もうちょいで少しだけメドがつきそうなので、そこからは塾生の親御さんとの懇談がぎっしり…我ながら鬼のようなスケジュールだ…。

賢い子育成道場PRECIOUSは、夏前あたりに開塾予定です。
Official H.Pの公開はもう少しお待ち下さい。

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ