トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > 親の言うことを全く聞かない「クソガキ」が、きっちり第一志望に合格する方法。(再アップ)

親の言うことを全く聞かない「クソガキ」が、きっちり第一志望に合格する方法。(再アップ)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

日本全国どこにでも、お父さんお母さんの言うことやアドバイスを全く聞こうともしない悪ガキが、イヤというほど生息します。反抗期と言えば、それまでですが。

「親の心、子知らず」の通り、なぜ親心が通じないのか、理解しようとしないのか。

というよりは、我が子は私の言うことを受け入れてくれる!と根拠なく核心している親御さんの単なる「エゴ」でしかないのに、早く気づくべきかもしれませんね。

子どもが親の言うことなど、聞くわけありません。あなたのお子さんも、然るべき時期に反抗期を迎えていないと後が大変です。親のイエスマンを押し付けた結果、大学生や社会人になってから溜まって鬱憤が爆発し、社会生活において周囲に迷惑をかけ、最悪の場合は、社会的制裁を受けることになってしまいます(残念ながら、長い塾人生活の中で、そんな子をたくさん見てきました)。

親の思い通りになど、子どもが動くはずはないのです。
お父さんお母さんの成功体験を話したところで、お子さんにとっては、単なる他人の「どーでもいい話」なんです。まずは、そこに気づいてあげてほしいものです。

うちにいたA君もその1人でした。
偏差値的には中下位の公立高校から、誰もが知っている中堅レベルの大学に合格を決めました!

彼とは中1から面倒を見ていましたが、とにかくこっちの言うことを全然聞かない。
まさに「自分が中心で地球が回っている」感じの子でした。

結果、高校受験も自身の実力を過信し過ぎて、公立前期は撃沈。
抜け殻のボロぞうきん状態を経て、後期でレベルを下げて公立高に無事入学。

この手のお子さんは、自分自身で痛い目に遭わなければ、気づけないのです。
「百聞は一見に如かず」の通り、他人の話よりも自身の経験がすべてです。

高校受験で撃沈したおかげで、そこからは中学時代には想像もできない勢いで勉強をしてくれました、もちろん野球部と両立で文武両道です。

結果、彼の高校ではまず合格者が出ない中堅レベルの大学に、AO入試で一発合格です。
勉強など、お子さん本人が必要性に駆られれば、勝手にやり始めます。

一番いけないのは、お父さんお母さんがヤイヤイ横槍を入れて、お子さんのやる気を奪うことです。お子さんだって、自分の人生くらい、自分で決めたいでしょうし。

そして面白いことに、お子さんが成績上位者の家庭になればなるほど、口うるさいスパルタ系のお父さんお母さんが少なくなります(笑)理由はもちろん、お分かりですよね。

成績下位層になればなるほど、「勉強しなさいっ!」とお子さんに年がら年中言っているお父さんお母さんばかりになります(笑)

ウチの塾では、いかにお子さんが自分から進んでやるように仕向けるかにこだわります。
勉強などできるようになって当たり前。要はそこではなく、自分からできる子に育てること。

それが、ウチの塾のこだわりです。

彼にヤイヤイ言わずに、長年ウチの塾のやり方を信じて通わせてくれた彼のお母さんに、私もスタッフ全員も、心から感謝しています。

クソガキと言われる悪ガキほど、パワーがあって潰れないものです。
さて、あなたのお子さんは、いかがでしょうか?

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ