トップ > 塾長日記一覧 > AQURASという塾の在り方 > クソですよ、ウチの小学生英語は。でも、ウチのが最強です!

クソですよ、ウチの小学生英語は。でも、ウチのが最強です!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

先日、英語3倍速コースの体験授業を受けた小学生の女の子がいました。

ウチの塾は小学生で英語を受講する子は、中学校に入学する前に中学3年分の語彙力を全部マスターさせてしまうので、中学入学後も単語や文章読解で困るというのは、ほとんどありません。高校受験でもスラスラいけちゃいます。

特に、小学生から英単語を書けるよう修練を積んだ子は強いですね。

学校でも児童英会話スクールでも会話やそれにちなんだゲームでの楽しい授業がほとんどの中で、ウチみたいに中学英語の先取りで「書く」のと「読む」のを徹底する塾はまずないし、はっきり言ってクソつまらない地味な勉強をすることになります。

ですが、それによって、小学生のうちに英検3級(中学修了レベル)までの突破力をモノにできるんです!

さらには、中学校でも、英語は他のお子さん何十倍も余裕を持って上位の成績を取ることが可能になります。

中学で英検準2級(高校中級レベル)を取れれば、高校受験も偏差値60半ば~70弱の高校に合格できます。2級(高校修了レベル)合格の学力だと、早慶付属もイケますね。

AQURASの小学生英語の指導は「書く」「読む」に徹していますが、実は中学校から先を考えると、それは間違っていないし、ある意味、最強だと思っています。

お子さんの素質を見出し、伸ばしてやれるのは、親御さんの眼力にかかっています。

私も長年散々見てきましたが、児童英会話に通っても、中学に入って「書く」英語になった途端に全然英語ができなくなって落ちこぼれるお子さんが身近に相当数いるのが現状です。興味を持たせるだけでなく、早い段階から「書く」英語は慣れさせるべきです。

英語は、文系・理系どっちに進むにしても、絶対に逃げられません。
でも、英語ができるようにしてしまえば、進路に悩む必要は全然なくなります。

お子さんにとって合理的な最短経路を考え、ぜひ有意義な選択をして下さい。
AQURASの英語3倍速コースは、親御さんをあっと驚かせる結果を出せると思います。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ