トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > 人間の幸せなど「お上の」チカラで簡単に狂ってしまう。

人間の幸せなど「お上の」チカラで簡単に狂ってしまう。


先週土曜、稲毛駅前工房にて「村上の子育てセミナー」開講でした。

西船橋での開講に都合がつかずわざわざ電車で足を運ばれた塾生の親御さん、セミナーから参加された入塾を検討されていた親御さんなど、わざわざご足労ありがとうございました。アンケートを拝見する限り、良い「学び」と「気づき」を得られたことかと思います。

今週木曜は公立の後期選抜です。最後の入試になります。

他県では3月に公立高入試のところも多いので千葉は早い方ですが、それも現中1からは公立も入試が一本化されることで、内申基準がどう変わってくるのか注視しなきゃですね。

内申の比重によって、チャレンジャー受験が可能か、石橋を叩いででも慎重に受験なのか、くっきり分かれてきます。県によっては内申比重が高すぎて、普段の学校生活でも失敗が一切許されず、一度でも失敗した時点で逆転不可能という厳しい現実に直面させられます。

お上の決定の破壊力は凄まじく、それによって人生狂う子も相当数出ますよね。
昨年からの私大の助成金支給絡みによる定員厳格化で、これまでなかった展開に、予想外に苦しめられている受験生も多いはずです。ウチの塾生も例外なく。

本来MARCHに合格る子が日東駒専にも全滅しているというおかしな話が、あちこちから聞こえてきています。日東駒専に合格る子は大東亜帝国にスレスレで合格するかしないかの話も。困ったものです。

そういった点でも、政治の動きには逐一動向を見ていないとですね。

さて、入試も大詰めのため本業に力を注ぐため、ブログ更新も疎かになりがちですが、何とか可能な範囲で頑張って更新していきます。春期講習の準備もどんどん進めなきゃです。

すでに春期講習を申し込まれた一般の方もいらっしゃいますが、塾内でまだお知らせができていないので、まずはそっちに全力を注ぎます。

今日はとりとめのない内容でしたが、このへんで。

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ