トップ > 塾長日記一覧 > マインドセット~心の教育~ > 勝てる勝負しかしないヤツと、勝てなくても敢えて勝負を挑むヤツ。

勝てる勝負しかしないヤツと、勝てなくても敢えて勝負を挑むヤツ。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

国公立大学現役合格から逆算した小学生のスーパー飛び級学習「スーパーキッズプロジェクト」の受講に属しているウチの優秀な中学生たちに対して、ウチの塾では『駿台模試(駿台中学生テスト)』を受験させるようにしています。

 

各中学校で学年トップクラスにいる子たちとはいえ、国内最難関のテストである駿台模試は、誰もが阿鼻叫喚の悲鳴を上げてくれます。難関の県立船橋や昭和集英に特待生で合格した塾生であれ「二度と見たくない…」と言わせる始末。私も都内の大手進学塾にいたときは、毎度毎度このテストを相手にしてきたので、大変さは理解しているつもりです。

 

それでもウチは塾生に駿台模試の受験を薦めますが、強制はしていません。

でも、「難しいし、点も取れないから受験したくない」といった泣き言を言って逃げ出す者が1人もいないのが救いです。

 

ヘタレな塾生になると、現実の厳しさや己の非力さを受け入れることができなくて、現実逃避や敵前逃亡に走る者も、少なからず出てきます。でも、それで問題を解決し、己の新しい発見やスキルアップにつなげられることは、絶対にありません。

 

成長を遂げるのであれば、必ず負荷をかけなければなりません。

楽なことばかりしていて成果が上がるなど、そんな現実はあり得ないからです。

 

弱い子ほど現実逃避して過去の栄光にすがるし、強い子ほど己の非力さを直視して強くなるために貪欲に新しい世界を吸収しようとする。いつの時代も変わりません。

 

ウチの上位の子たちもイヤイヤ言い続けながらも、やはり駿台模試は全員受験しています。そして、そこからボコボコの成績に直面しつつも、きっちり復習と解き直しをして、学校の定期テストや千葉県統一テストで素晴らしい成績につなげているんです。

 

人間、誰しも強くありません。魔が差す、逃げ出す、色々な失敗もします。

でも、いつのタイミングかはさておき、そこから強くなろうと子ども自身が気づいて自ら一歩を踏み出すことができれば、きっとその後の人生も良くなるでしょうね。

 

勝てる勝負しかしないヤツと、勝てないと分かっていても敢えて挑むヤツ、

あなたにとっては、どちらの方が清々しい生き方だと考えますか?

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ