トップ > 塾長日記一覧 > AQURASという塾の在り方 > お世話になるモノには、誠意を持って応えること。

お世話になるモノには、誠意を持って応えること。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

10月中旬からプレオープンするAQURAS 稲毛スポーツセンター工房のお掃除と備品組み立てに追われている、ここ最近です。

それにしてもテナントが汚い…(笑)

教室はまずまずの広さなんですが、面積が大きいほど、掃除も大変です(苦笑)

本当は業者さんを使ってお掃除してもらうのが一番いいんでしょうけど、やっぱり私たち塾が愛着を持って使わせてもらうためにも、誠心誠意心を込めてキレイにするのが筋だと勘違いしてます。

業者さん使った方が、お金はかかるけど、時間も労力もかけなくて済むんですけどね。

でも、それを敢えてしない。私は古いタイプの考えの人間ですから仕方ない(笑)

野球でもグランドを練習で使うときにはちゃんと一礼するし、使い終わったら自分たちの手でグランド整備するのと同じ感覚です。モノを大事に使えない奴が、良いプレーができるわけないと私は思うので(それとも、そう思うのは私だけだったりして…)。

当たり前の感覚が当たり前ではなくなってきている昨今ですが、時代は変われど、失ってはならないマナーや感覚だと思っています。お世話になるモノには、ちゃんと誠意を持ってそれに応えること。

私自身の生き方の鉄則でもあります。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ