トップ > 塾長日記一覧 > マインドセット~心の教育~ > 「私立高校に行く奴、嫌いなんですよっ!」

「私立高校に行く奴、嫌いなんですよっ!」

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

まだサラリ-マン校舎長だった時代、保護者会での私の説明不足の発言を巡ってお子さんのお母さん方から猛反発を受け、一斉に総スカンを食らったことがあります。

 

「村上校長は、私立の中学や私立高校に進学することを否定されてますよね?ということは、ウチの子は人としてなってないと言いたいんですか?」みたいな感じです。

 

私は中退した大学以外は、小学校・中学校・高校・大学と国公立で進んできたので、私学のの学校情報は塾関係者としてつながりがあるので存じてはいますが、私学を隅から隅まで知り尽くしているかというと、そうではないかもしれません。

 

毎日新聞でも先日挙がりましたが、関西の私立高校が塾側と癒着して入試をせずに合否を決めてしまっている話などは今に始まったことではなく、首都圏ほぼ全部の塾と私学が似たようなことをやっているわけで、当然中には裏から手を回して入れちゃう(内申が足りなくてもコネ合格とか、入試の点数が足りなくても何とかしてもらうetc)塾やそれを受け入れてしまう学校もあるわけです。

 

なので、100%純粋に学力勝負にはなっていないのです。

それはそれで、私学も経営がかかっていますから、ある意味仕方ないことだと私は思います。

 

公立入試はそんなことしようものなら、先生方が懲戒モノになりますから、あまり聞かないですね(一部スポーツ強豪校にそんな噂が飛んだ時期もありましたが)。

 

説明不足の非を認めるとして、敢えて申し上げます。

私が嫌いなのは私立に行く子ではなく、とある理由によって私立に行こうとする子です。

 

それは、

 

「全然勉強しても成績上がんないし~。もう勉強するのイヤだから、パパやママにお金出してもらって、何とか上のレベルの私立高校に入れてくれるよう頼んでみるー!」というケースです。

 

実際にこれまでたくさん、そして今現在もたくさん見てきています。

私はこの手のタイプの子が、最も嫌いです。

 

自分の将来を懸けて、未来を輝かしいものにするために周りのみんなが真剣に闘っている中で、敢えて頑張らない。努力しない。当然結果も悪いし上がる見込みもないけど、レベルの低い高校には行きたくない。でも勉強しないで遊びたい。パパママ、何とかして~というお子さんが実際に思ってた以上にたくさんいたのが、私にはショックでした。

 

何という他力本願、誰かが何とかしてくれるという腐りきった根性。

そして、それをハイハイと子ども可愛さのあまり全部叶えてしまう両親と祖父母。

 

私には、理解できません。

私も千葉大を再受験したときは文系から理転して相当笑えない苦労をしましたが、やはり苦労して手にした栄冠は、いつになっても忘れることができない自分の勲章であり、生きていく上での誇りです。

 

それを、こんな形でそういった感動の瞬間を味わうことなく潰してしまうのが、本当に惜しい。残念です。

 

行きたい私立中学や私立高校がある、だから勉強して学力で入る! 大いに結構。

公立高校に不合格で私立に進学するけど、高校でまた頑張る! 大いに結構。

やっているスポーツで特待生やスポーツ推薦が来たから私立に行きたい! 大いに結構。

 

勉強したくないし、楽にいい学校行きたいから、パパママにどーにかしてもらう!

 

フザけんなよ。

どのツラ下げて、周りの頑張っている仲間に言うつもりだ?

 

受験なんて人生に数える程しかないわけで、そこを真剣に闘えない奴が、社会で堂々と活躍できるはずがない!…と、言ったつもりが、説明の仕方が悪かったらしく、一斉に誤解を受けて非難轟々でした。もちろん、釈明して納得してもらえましたが(笑)

 

言葉の使い方、難しいモノです。

 

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ