トップ > 塾長日記一覧 > AQURASという塾の在り方 > ウチの塾がなぜ「授業料」などの費用一覧をH.Pにアップしてないのか、もちろん明確な理由はありますよ。

ウチの塾がなぜ「授業料」などの費用一覧をH.Pにアップしてないのか、もちろん明確な理由はありますよ。


塾内配布用の冬期講習レターの作成に追われているこの数日ですが、その他に冬期講習の問い合わせをH.Pにアップしていないうちから多々頂戴しているので、申し訳ないな…と己の無能さを嘆きながら、近日中にアップできるよう善処しておりますので、もう少々お時間を下さい。

一般的には集団指導塾に通ってる子が成績上位を独占し、個別指導塾に通う子は中下位層に固定化させていく…というのが塾業界の不問律になっている節もあります。事実、世の中を見渡しても、そんなに間違ってもいないですし…。

が、今年に関しては実績ある集団指導塾さんではなくウチみたいな得体の知れない塾から学年1位を輩出してしまったため、少なくともウチの塾みたいに「自己管理」と「心の在り方」を徹底させるような指導でも成果を出せることが十分証明できた年になりました。

大手の塾さんになればなるほど、塾のテナントの窓ガラスに「〇〇点とりました!」「学年〇位です!」「〇〇高校合格!」「冬期講習すべて無料体験!」などと、ド派手に貼りだして懸命に塾生集めに奔走されているようです。

先日は、そういった実績PRしまくっている塾のスタッフさん数名が、ウチの郵便ポストにわざわざ入れなくてもいい実績自慢の自塾チラシを入れていたのを目撃したそうです。ヒマなんですかね?それとも、ウチの塾の方がスゴいんだというPRでもされに来たんですかね?

そもそも私が塾をやっているのは、勉強を通じて人間を育てる、どこに出しても恥ずかしくない賢くて強い子に育てるという信念からであって、塾同士の競争とか、点数とか、志望校の合格実績などではありません。

むしろ、そういった目先の数値しか見えない方々の中で仕事すると、私自身の感性や思考まで疲弊するので、ぜひ相手にしてもらいたくないというのが本音でしょうか(笑)。

塾はオトナのビジネスが主流ではなく、子どものためにあるべきと考えますので。
だから、これ以上の拡大展開もしないんです。

オトナの政争の具にするなど論外というのが、私の長年の見解です。社会ではそうは見ず、拡大や利益を伸ばすことが美徳とされているようですので、私は完全に逆行していますが、それでいいと思っています。

ウチは「面倒見の悪い」「教えない」塾であり、真剣に勉強してもらう寺子屋的な塾です。子どもや親御さんのご機嫌とりとりしながら高額の提案営業をするような、新聞折込チラシに低額な授業料を謳いながら実はオプション取らせまくるよう親御さんを脅してバカ高な受講料総額に持っていくようなあこぎな商売も一切していません。

私が言うのもなんですが、かなりシンプルなやり方を採っている、あまり商売っ気のない塾です。恐らく大手と呼ばれる塾と費用を比較されても、ウチの方が高い確率で安価だと思いますし。

ウチの塾がなぜH.Pに授業料一覧を一切載せていないのか、新規の入塾面談にいらっしゃった親御さんからよく聞かれます。

H.Pに載せない理由…もちろん、これには明確な理由があります。
閲覧される方への色々な心理的なロジックを仕掛けてあるため、全部は割愛しますが。

H.Pに授業料が載ってないから、他の塾さんにするというのであれば、それで構いません。目先の金額だけで塾の選択をされるのであれば、ウチには来てもらわない方がよいと思います。

定員制限をしている関係で、ウチの塾の価値を理解してもらえるご家庭のお子さんのために、ぜひそのイスを譲ってもらえればありがたい…といったところでしょうか。入塾面談にお越し頂いた親御様にはその場で授業料一覧をお渡ししていますが、特段「高いっ!」という反応をされたことはほとんどありませんし(笑)。

結局は、その塾に通わせることで、わが子にどんな価値があるのかを考えられる親御さんかどうかを、私たちも最初にじっくり拝見できるというのはアリますね。

特に、お子さんと親御さんのコンセンサスがとれているのかを掴める絶好の機会でもありますので。たくさんの人間模様を見ることができるものありがたいです。

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ