トップ > 塾長日記一覧 > イベントのご案内 > 「無能な人ほど出世する」は、どういうことか?

「無能な人ほど出世する」は、どういうことか?


出張先の広島で商談を立て続けにこなして、夕陽に沈む瀬戸内海を観ながら、想いにふける贅沢な1日をボケーっと過ごせた村上です。

塾生の親御さんとの懇談(面談)がヤマを迎えており、親御さんのお子さんに対しての溢れる想いを私も聞きながら、どうやって冬期講習での本人の頑張りにつなげていくか、色々と思案している最中です。

以前のサラリーマン管理職時代のことですが、己の可能性を最大限に高めようと一心不乱に頑張る生徒を、周りがよってたかって邪魔して勉強させないようにするという嫌がらせをしていた女子グループがいました。誰がどう見ても露骨で目立っていたので、校舎長の私が関係者を全員厳しく注意したところ、なんと本部にクレーム電話が…。

私も本部に呼び出され事情聴取を受け、重役の方々から一方的に罵倒されて謝罪しろ!と圧力をかけられました。本部には「村上校長から怒られて、ウチの子たちは傷ついています」という親御さんから電話があったとのこと。

明らかに過保護ですが、親御さんにはもう少しお子さんの発言の真意を見極めてもらいたかったのですが、これではお子さんのためにはならないでしょうね。

私もサラリーマンだったので渋々謝罪しましたが、結局彼女たちはつけ上がってますます増長し、最後は自分たちの思い通りの展開にしてもらえないということで、成績も振るわないまま去っていきました。妨害されなくなった子は、それからみるみる成績も上がり、自身の偏差値よりも7も上の志望校に合格しましたが…皮肉なものですね。

己を高めようとするのではなく、他人を引きずりおろすことで自分の株を上げようとする…恐らくは女子の世界だけでなく、ビジネスの世界でもよくあることなのかもしれませんね。少なくとも、他人を引きずり落とそうとする卑しい腐った根性の人が、大きな成果を上げることもそんなにないと思いますが。どちらかと言うと、成績下位層の子に多いです。

そう言えば、東進の林先生が番組でこんなことを言っていたのを思い出しました。今日はその記事をご紹介します↓

————–

10月14日放送の「林先生が驚く初耳学!」(TBS系)で、林修が“大企業では無能な人ほど出世する”という世の中の皮肉な現実を指摘。スタジオのゲスト陣を唸らせた。

ドラマ「下町ロケット」(TBS系)の初回放送日でもあったこの日。林は「『下町ロケット』、原作も面白いですよね。今回は(ドラマに登場する大企業)“帝国重工”の昇進・出世も物語のポイントになってくるということで…」と、話題の新ドラマも絡めながら「無能な人ほど出世する」と主張した。

(中略)

■ 大企業の管理職が“無能だらけ”な理由

スタジオが盛り上がったところで、澤部佑が林に「優秀な人も出世しますよね?」と反論すると、林は「世界中の企業は『無能』な管理職だらけなんです」とピシャリ!

林は、トップセールスマンとして評価された人物が主任に出世するケースを例に挙げ、「セールスマンとして要求される能力と、主任として要求される能力は違う。上がっていくにしたがって管理する対象は変わり、範囲も広がっていく。その結果、上のポジションに必要な能力を持たない人が出世する、ということがすべてのポジションで起きる」と力説した。

これは米の教育学者、ローレンス・J・ピーターが提唱する「ピーターの法則」に基づいた考え方だという。中島健人の「野球の“名選手は名監督にあらず”みたいな話ですか?」の問いかけに、「そうなんです」とうなずく林。ピーターの法則では、昇進よりも昇給で部下のやる気に応える方法や、昇進前に新たなポジションの訓練を十分に受けさせる方法などが解決方法として提案されている。

スタジオでは、「それに、無能な人が上のポジションにいたとして、自分を脅かす有能な部下を昇進させると思います?それが『無能な人ほど出世する』ということにもつながるんです」と続けた林に、ゲスト陣は「なるほど…」と納得の表情を浮かべ、世の中の皮肉な現実を噛みしめた。

————–

そう言えば、だいぶ昔に職場の取締役から飲みながら聞いたことがありました。

「ほとんどの人がその能力の限界まで達して、そこに停滞するから、ほとんどの人が無能だ」

という考え方です。

常に己を高め続けていかなければ、新陳代謝も生まれず、どんどん変化についていけなくなってしまうんでしょうね。皮肉なものです。

ただ、これはすべてのケースに当てはまるかどうかは、私からは何とも言えませんが…あくまでもひとつの見解だと捉えてもらえればと思います。

さて、今年のウチの塾の冬期講習、これまでと趣向を少し変えています。

これまで以上に生活態度も含めた「自己管理プログラム」を徹底させて、学力だけでなく日々の生活習慣も改善させていく講習内容になります。

>“自己管理” から結果に直結させる冬期講習’2018はこちら

お問い合わせもすでにもらっているので、受講を希望されるご家庭は早めに連絡下さいね。

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ